東京 中野区 社会保険労務士/社会保険労務士法人ヒューマン・アセット

東京都中野区 社会保険労務士法人ヒューマン・アセット

サイト内検索

ホーム

よくあるご相談

業務内容のご案内

ご利用方法と料金

一般的な人事の手続ご案内

事務所概要

事務所ニューストピックス

お問合せ

リンク集

サイトマップ

社会保険労務士法人
ヒューマン・アセット

■所在地
〒164-0011
中野区中央5-39-11
AOYAGIビル4F

■連絡先
電話:03-5340-7980
FAX:03-5340-7981

■アクセス
JR中野駅下車、南口徒歩8分 地図はこちら

一般的な人事の手続きご案内

被扶養者の考え方
社会保険と所得税では、被扶養者として認められる年間の収入額の基準が異なっています。

社会保険(健康保険と年金)の被扶養者

社会保険の被扶養者の認定基準は、年収で130万円(60歳以上もしくは概ね障害厚生年金を受けられる程度の障害者の場合は180万円)です。
ご家族の収入が130万円未満であれば、3親等までの親族は原則として健康保険の被扶養者とすることができます。被扶養者となればその方の健康保険料は発生せず、また社員本人の保険料も変わることはありません。
配偶者が被扶養者となった場合、年金についてもその被扶養者の方は保険料を納めることなく、国民年金の被保険者(第3号被保険者)となります。
配偶者以外の被扶養者で20歳以上の方は、年金については個人で国民年金の被保険者となり、毎月保険料を納付することになります。

所得税の被扶養者

所得税の被扶養者の認定基準は、年間の給与収入103万円です。
ご家族の収入が103万円以下であれば、被扶養者として社員の方の所得から扶養控除がされて、所得税額が低く抑えられます。
103万円以上で、130万円未満の被扶養者については、所得税では被扶養者控除がないが、社会保険では被扶養者になる、ということになります。
なお、収入が103万円以下の方の給与には、通常所得税は課税されません。



▲ページTOPへ

HOME │ よくあるご相談 │ 業務内容のご案内 │ ご利用方法と料金 │ 一般的な人事の手続きご案内 │ 事務所概要 │ 事業所ニュース/トピックス │ お問合せ │ リンク集 │ サイトマップ

Copyright© 社会保険労務士法人 ヒューマン・アセット All rights reserved.