東京 中野区 社会保険労務士/社会保険労務士法人ヒューマン・アセット

東京都中野区 社会保険労務士法人ヒューマン・アセット

サイト内検索

ホーム

よくあるご相談

業務内容のご案内

ご利用方法と料金

一般的な人事の手続ご案内

事務所概要

事務所ニューストピックス

お問合せ

リンク集

サイトマップ

社会保険労務士法人
ヒューマン・アセット

■所在地
〒164-0011
中野区中央5-39-11
AOYAGIビル4F

■連絡先
電話:03-5340-7980
FAX:03-5340-7981

■アクセス
JR中野駅下車、南口徒歩8分 地図はこちら

HA NEWS & TOPICS NO.60 2017/12

代表社員 阿部 勉 
月日の経つのは配もので、商店街ではクリスマスソングが流れ、いやが上でも年の瀬の慌ただしさが増してきます。
皆様方にはこの一年大変お世話になりました。
改めて御礼申し上げます。
この一年を振り返ってみれば色々な事があった一年でした。
出会いや別れ、事務所の移転等思い出に残る一年でした。
職員の補充では今年程、採用に至るまで頭を抱え込んだことがない位、時間、費用をつぎ込んでも思うように人が集まりませんでした。
新規採用にあたっては焦っても始まらないので、じっくりと取り組んでいく事ににします。お蔭様で業務量、関与先事業所数とも伸びております。
ただ、反省すべきは手におえない位の規模と量のご依頼の案件をお断りした事があり、この点につきましては深く反省しております。
新規に採用した職員も日毎に成長しており、来期に向けての好材料の一つになるのではと考えております。本当にこの一年間皆様方のご支援のお蔭で無事に新年を迎えることが出来そうです。来年も変わらぬご支援を賜りますように切にお願い申し上げます。年末年始ですが12月29日より1月4日までお休みで、1月5日より通常業務となります。それでは、良いお年をお迎えください。


副代表社員 塩川敦
今年2回目になるクラッシックのコンサートに先日行ってきました。
ベートーベンの交響曲3番でで、CDはおそらく10枚くらい持っているほど好きな曲なのですが、ライブで聴くのは初めてでした。
2楽章と4楽章に私の好きな聴きどころがあり、その箇所にくると指揮者もオーケストラも非常に力が入った演奏でこちらも興奮してしまいました。
曲が終わると大変な拍手喝采で、隣に座っていたいかにもクラッシックが好きそうな年配の男性が終わったとたんにブラボー!と叫んでいたり、指揮者が帰っても大勢の観客が立ち上がってしばらくの間楽屋の方に拍手を送っていたりで、好きな人が聴いてもよい演奏だったようで、私でも非常に楽しめました。
またいければと思っています。


伊藤修
今年の冬は皆様いかがですか。「例年に比べますと暖かい」と毎年感じておりましたが、今年は違うようです。
先日、河口湖でウォーキングを致しましたが、噂では聞いておりました外国人人気を肌で味わって参りました。
駅やバスターミナルも長い行列ができ,様々な言語が飛び交い、改めて外国人の富士山人気を感じました。
さて、昨今の長時間労働の問題で労基署の調査が始まっております。
特に時間外労働が多い会社の労働時間管理が厳しく追及されておりますので、今後の課題かと思います。
今年も残りが少なくなり、まだバタバタしております。
本年も大変お世話になり,誠にありがとうございました。
良いお年をお迎え下さいませ。


森原哲也
ふるさと納税制度をご存知でしょうか。
全国の自治体に寄付(納税)をすることで、翌年の所得税と住民税が控除される制度です。寄付をすると、その自治体特有のお礼の品がもらえます。
実質2,000円の負担で色々なお礼の品がもらえることから人気がでています。
私は専ら食べ物ばかり選んでしまいますが、食べ物以外にも洋服や、アクセサリー、家具などがあり、物以外も体験やお礼の品をもらわない寄付など、数えきれないほどあります。
ふるさと納税を始めたころは、税金の仕組みを理解できずに難しいものと思っていましたが、やり始めると徐々に理解もでき、今では毎年ふるさと納税をしています。
年末の今の時期は所得が確定してくるので、ふるさと納税が一番集中する時期です。
まだやっていない方は、是非ふるさと納税について調べてみていただきたいと思います。


新津貴大
年末になり大掃除のシーズンとなりました。
いつの間にかたまっているもののひとつがカード類です。
ポイントカードや会員証のほか、扱いに困るのが診察券です。
病院やクリニックに行けば、必ず渡されますが、ほとんど使わない診察券は処分したら問題でしょうか。
例えば診察券を発行した病院がすでに廃院になっている場合は、もう不要なようにも思えます。
しかし、絶対に捨てずに持っておいたほうがいいです。
その理由は、診察券さえ残っていればカルテなどがなくても、障害の公的年金の受給を申請する際、障害の原因となった症状で最初にかかったのがいつかを証明する一つの材料となります。
障害年金の受給申請では障害状態を証明するため、日本年金機構にさまざまな書類を提出する必要があります。
多くの場合、役立つのは精神の障害です。
心療内科や精神科の診察券には、しばしば初診日が明記されています。
若しくは糖尿病や腎不全で糖尿病内科、代謝内科、腎臓内科、婦人科系で婦人科、リウマチで免疫内科など、こうしたものが手掛かりになります。
障害年金は誰もが必要になる可能性があります。
たとえ使わない診察券でも安易に処分せず、保管しておいたほうがよさそうです。

▲ページTOPへ

HOME │ よくあるご相談 │ 業務内容のご案内 │ ご利用方法と料金 │ 一般的な人事の手続きご案内 │ 事務所概要 │ 事業所ニュース/トピックス │ お問合せ │ リンク集 │ サイトマップ

Copyright© 社会保険労務士法人 ヒューマン・アセット All rights reserved.